技術情報

ホーム > 都市計画(技術情報)

計画・設計部門

都市計画

主な業務内容

  • 都市計画・土地造成の計画・設計
  • 公園緑地の計画・設計

代表的な検討

運動公園・住宅団地整備詳細設計業務

(1) 業務の概要
運動公園・住宅団地整備に伴う詳細設計及び開発行為許可申請(開発面積17.20ha)
(2) 技術的な特徴

地方の人口は、年々減少の傾向にあります。このことは、地方の基幹産業である農林業を取りまく環境が、農林生産物価格の低迷、後継者不足等の厳しい情勢にあることに加え、若者の雇用の場の不足、若年層にとって文化・スポ-ツ施設等・交流施設の未整備などが主たる要因となっています。

よって、整備計画のコンセプトを「若者定住促進のために運動と定住を目指した運動公園・住宅団地整備」とし、運動と定住を目指した運動公園・住宅団地の施設計画を行うとともに都市住民との交流を図る交流広場も併せて計画しました。

(3) 施設整備の概要及び土地利用計画
本地区の主要道路(幅員9.0m)を、国道を起点として、地区中央部を終点に配置し、以降、住宅地・森林公園をサ-クルする区画道路(6m~4m)を計画しました。
主要道路終点部西側に多目的グランドを配置し、スポ-ツ等の利用に供するとともに雨水流出抑制機能を担いました。
多目的グランドに隣接して芝生広場・遊戯広場を配置し、主要道路東側に利用者のための駐車場を配置しました。
また、自然環境保全から地区南側丘陵部の現況地形、植生を保全し、眺望を楽しみ、森林浴・散策等の利用を目的とした森林公園を配置しました。
なお、都市間交流の場としてのイベント広場は国道沿いに配置し、町営住宅用地は地区南及び南東部の森林公園沿いに配置しました。

土地利用計画平面図