技術情報

ホーム > 河川・砂防(技術情報)

計画・設計部門

河川・砂防

主な業務内容

  • 河道計画・水理解析
  • 樋門・樋管・堰・床止め工等の河川構造物の計画・設計
  • 砂防堰堤及び流路工等の砂防施設の計画・設計
  • 急傾斜地などの斜面防災計画・設計

代表的な検討

可動堰詳細設計業務

(1) 業務の概要
既設固定堰を撤去し、可動堰化した設計です。
河川改修を行う上で断面阻害となる既設固定堰を撤去し、可動堰の設置を行うことで治水安全度を上げました。
(2) 技術的な特徴
ゴム引布製起伏堰を採用することで、鋼製起伏堰よりもコスト縮減が図れました。
最近の設計では耐震設計照査レベル2に対応した設計も行っております。
技術的な特徴の写真技術的な特徴の写真

可動堰詳細設計業務

(1) 業務の概要
砂防流路工の設計です。
流下能力不足となる現況渓流を改修し、床固工、魚道工及び護床工を設置した設計です。
(2) 技術的な特徴
現地発生石材を護床工の一部として用いることで、発生石材の処分量を軽減できました。
技術的な特徴の写真技術的な特徴の写真