技術情報

ホーム > 道路(技術情報)

計画・設計部門

道路

主な業務内容

  • 道路及び交差点の計画・設計
  • 道路に関連した各種構造物の計画・設計

代表的な検討

道路詳細設計業務

(1) 業務の概要
現況道路は急峻な山間部の道路で、視距が確保されておらず、小型車同士の離合も出来ない箇所があり、道路利用者にとっては安全で安心して通行できない状態でした。
従来の方針では、2車線道路の整備が基本となりますが、少ないコストでより大きな効果が期待できる1.5車線道路の計画・設計をおこないました。
業務の概要
(2) 技術的な特徴
本計画道路は、山間部の道路ですが、景観性を重視して急峻な山側を長大に切土するのではなく、谷川に拡幅することを念頭に線形を決定しました。また、盛土工法は、施工期間中の交通を確保するために、現況道路の掘削を極力少なくすることのできる軽量盛土工法(EPS工法)を比較検討の結果採用しました。
技術的な特徴